食事の工夫

  • 2016.08.22 Monday
  • 09:50

夏休みも残りわずか・・・

今年から夏休みが短くなっている小中学校も多いようですね。

 

暑いせいなのか、子どもたちの食欲が落ちている、ということを耳にします。

親は心配で「食べさせないと」と思いますが、あまりうるさく言うと、

今度は関係を悪くしますから、難しいところですよね。

 

私の子どもたちが小さかった頃、夏休みの昼食ってマンネリになりやすいので、

いろいろ工夫したことを思い出しました。

 

一番ウケタのはランチプレートかな?

おにぎりやサンドイッチを大きめのお皿に置いて

おかずやデザートなども一緒に盛ります。

 

それを、普段の食卓ではなく、窓辺にテーブルを置いてクロスなどを敷いて食べると

レストランやカフェのような雰囲気になり、「わ〜!」と喜んで食べてくれました。

食べ物は普段と変わらないのにネ!

 

ベランダにござを敷いて、ピクニック気分で食べたこともありますね。

 

お買いものごっこの流れで、食事もごっこ遊びの一コマ、という感じで食べたり。

 

重箱やお弁当箱に詰めるなどして、ちょっと雰囲気を変えてみたり。

 

きゅうりに塩だけつけて、ボリボリ丸かじりしたり。

 

食卓に納豆を出してもなかなか食べないのに、

納豆巻きにしたとたん、あっという間に食べちゃう!

面白いですネ。

 

やはり、そうめんや冷やしうどんなど、つるつるしたものが、夏は食べやすいですよね。

お味噌汁も冷汁にします。

前日の味噌汁の残りを冷蔵庫で冷やし、翌日それに冷めたご飯を入れて。

ただの残りごはんなのですが、結構イケます!

 

食べる、風呂に入る、寝る、などの日常ごとは、

親も子もストレスにならぬよう、そつなくやっていくのがコツですよ。

なぜならば「生活の基本」ということは、「生きる基本」だからです。

いちいちひっかかっていたら、生きることがイヤになっちゃいます。

 

そつなく楽しくいきましょう(生きましょう)!

指のその後とリトル・ママ

  • 2016.08.11 Thursday
  • 12:15

実は先月、左手小指の手術を再度していただきました。

 

切開してわかったこと・・・転んで折れた骨の間に腱が引っ掛かっていた・・・

あぁネ、指が曲がらなかったはずです・・・

 

かくして、半年にわたり掴む・握るが十分ではなかった私の左手も復帰しつつあります。

これで、お買い物をした時、お店のレジでお釣りの小銭をこぼさなくなりますね。

(私はお財布を右手に持ち、お釣りを受け取るのは左手です。あなたはどっち?)

 

何かにつけて、「小指ってこんなにすごい働きをしてたのね!」ってことを知らされた半年間でした。

 

さて、子育て中のお母さま方中心に様々な情報を発信しているフリーペーパー「リトル・ママ8月号」に

野口がコメンテーターとして出ていますので、お手に取る機会がありましたら、ぜひご覧ください。

 

テーマは「あぁ愛すべき男の子」で、私は2ページ目「男の子育児のコツ」のコラムに

「専門家に聞く」ということで、出ています。

 

取材を受け、編集長さんが書いてくださっていますが、

編集長さんご自身も男の子のママということで、興味津々で聞いてくださり、

とても楽しい取材でした。

 

「男の子って意味不明??」って、躓いているママたちも実はとても多いのですよ。

 

私がやっている「アクティブ・ペアレンティング」には、性別は全く出てこないのですが、

20数年お母さま方と関わる中で、「男の子という性的な性格を知らない」がゆえに、

とても困っているお母さんをたくさん見てきました。

 

それで、私自身で、性別からくる性格の違いを研究して、分かりやすく日常的なご説明をしています。

そしてこれそのものが、幼い時からの性教育にもなっています。

 

知識や情報って、とっても大事。

それを知るだけで「な〜んだ、そうだったのか〜」と、

悩みや困りごとがス〜と消えるんですものね。

 

ぜひ、早いうちに知ってください!!

悩みを解消して、幸せな毎日を過ごしていただきたいですから・・・

来年度のAPにご期待を!

  • 2016.02.29 Monday
  • 23:53
骨折した小指は、全治1ヶ月と言われていたのに
なかなか治らないままです。

もう2か月過ぎたのですが・・・
まだ指が曲がらず、グーができません。

でも、暮らしには不自由しないくらいにはよくなりました。
こうして、キーも打てるようになりましたよ!

さて、明日からは早くも3月ですね。

NPO法人AP共育サポートも今年度の事業をすべて終えて、
来年度の計画を考えているところです。

10月から月1回開催していたワークショップ「ガミガミ言わずに育てる方法」が
毎回キャンセル待ちの状態でしたので、
まだまだ受けたい方がたくさんおられるだろうということで、
来年度も同様の内容で継続していきたいと考えています。

参加したかったけど、できなかったという人は
是非来年度の開催にご参加くださいね。

このワークショップは5回シリーズで行いましたが、
続けて参加された方から聞いた感想です。

「参加した日は子どもに優しくなれます。
でも、その感じが1週間続けばいい方ですね。
しばらくすると元に戻ってしまって・・・」と。

そう、実は誰しもそうなのですよ。

自分を変えていくのってホントに至難の業ですね。

「これいい!」と思ってすぐに変えられるならば苦労はしないし、
本を読むだけでもできるはずですが、
そうは問屋が卸さないのが現実です。

それが、頭でわかると感覚でわかるの違いなのでしょうか?

子育ての「うまくいった!」も感覚でわかっていかないと本物になっていきませんよね。

でも大丈夫!

APの講座やワークショップに参加してもらうと、
感覚的に獲得していっていただけると思います。

ただ、急激にすらすら変わる、とはいきません。

逆に、そんなにすらすらいかない方がいいのです。
なぜならば、急激に変わるって、なんか洗脳っぽくないですか?

私は、じわじわと時間をかけて変わっていく方が本物だと思っています。

子どもが育つように親もゆっくりしっかり育っていきましょう!

来年度の開催にもぜひご期待くださいね!

究極のAPマジック

  • 2015.12.31 Thursday
  • 10:25
今年も最後の日となりました。
ご無沙汰していてすみません。

またまた転んで骨折してしまいました・・・とほほ・・・
今度は左手小指です。

スパッと斜めに折れていました。

手術をし、ワイヤーで留めています。
折れた時も手術後もあまり痛みがないのが不思議ですが、
幸いなことです。

さて、究極のAPマジックは何かと訊かれたら
やはり「スキスキ抱っこ」に限るようです!!

実は先月、AP講座の受講をお勧めする説明会を
筑紫野市の生涯学習センターで開きました。

その時に、小1、年中、2歳という3人のお子様をお持ちのお母さまが来られ、
毎日お勤めの仕事もお持ちでお忙しい中、3人のお子様のお世話に大変だと、
忙しい時に限ってぐずぐず言い出す、どうしたらいいのか・・・?
というお悩みをお持ちでしたので、
すぐさま、「スキスキ抱っこ」をお勧めしました。

するとお母さま、「やっぱりそうか・・・」という感じなんですよね。

うん、この感覚、いいですね。

お母さまは実はわかっていらっしゃるのでしょう?
抱っこを求められている・・・してやりたい、
んんん・・・でもはたしてそれでいいのか?

悩むのは当然ですよね。

甘やかしになるんじゃないか? とか、
ガマンを教えることも大事だし・・・とか、
こちらの都合もあるし・・・
わがままを通させてはいけないのでは・・・など。

もちろんその通りです。

甘やかしはいけませんし、ガマンも教えなくてはいけません。

でも気を付けなければならないのは、
それらを教えるのには、段階とタイミングがある、ということです。

何度も言いますが、幼児期はまず子どもの欲求が満たされることの方が先です。

子どもが抱っこされたがっている時は、
ためらわずに存分に抱っこしてあげてくださいね。

さて、このお母さんは早速実行されました。
そして、その効果は・・・

「ある日、夕飯の支度で忙しい時に下の子がぐずりだしました。
迷わずに家事の手を止めて、抱っこしてあげました。
これも母としての仕事だ、夕飯の支度と同じように大事な仕事だと割り切って、
抱っこに時間を割くことに積極的な想いを持ちました。
それまでは、抱っこしてボ〜となんてしてないで早くご飯を作らなくては・・・などと
思っていたのに・・・つまり抱っこすることに罪悪感を持っていたんですよね。
抱っこは甘やかしになる、抱っこしてる自分は仕事をさぼっている、
その二つの罪悪感かな?
でも、「子どもを抱っこすることが自分の大事な仕事」だとはっきり認識出来たので
気持ちよくその仕事に専念できました。
10分くらい抱っこしてボ〜としていたでしょうか?
自然に子どもがス〜と離れたんです。そして一人で機嫌よく遊び始めました。
ですからその後の私のご飯作りは、集中してあっという間にできたのです。
すごい!って思いました。こういうことか!と・・・
しかも、私が下の子を抱っこしている間、上の子が「私が作ってあげる」と言って、
自分でできるところをお手伝いしてくれた、というおまけつきだったのです!
そればかりか、その後の食事、風呂、寝るまでの間、すべてが気持ちよくスムーズにいきました。
わずか10分足らずの抱っこが、こんなにも大切だったなんて・・・!!」

いやはや、お見事! ですね。

「今一番大事なことに集中すると、すべてが上手くいく」ということの証明のような話ですね。

このお母さま、「子育てのコツはもうわかりました」という感じだったのですが、
それでもやはり「APを一から勉強します」とおっしゃって受講されることになりました。

そう、理論的な裏付けがあると、どんな状況でもしっかり考え
自信を持って対応できるようになりますものね。
AP講座の受講は絶対お勧めですよ!
 

しつけの基本のキ その2

  • 2015.11.30 Monday
  • 20:39
前回、「しつけとは教えることであって傷つけることではない」
という一言をご紹介しました。

今日は「なぜ傷つけてはいけないか」を考えてみたいと思います。

答えを言ってしまいましょう。
それは、「傷つけることがしつけと矛盾するから」です。

どのような意味かお分かりですか?

そもそも「なぜしつけをするのか?」を考えてみましょう。
しつけの目的は・・・?

思いつくままに挙げると
・礼儀作法を教える
・善悪を教える
・人の迷惑にならないことを教える
・社会のルールを教える
・規範意識を培う
・他者と調和できるよう導く
などが考えられるでしょうか?

よ〜く見てみると・・・
これらをひとまとめにすると
「他者を傷つけないこと」に集約されると思います。

人間は社会生活をしていく上で、お互いに協力し合うことが大切ですから
そのためには「お互いに傷つけ合うことなく」というのが前提となります。

ですから「しつけ」は「他者を傷つけない暮らし方生き方をするため」ということになります。

他者を傷つけないことを教えるのに傷つけることをもってする・・・
これがつまり、矛盾してしまう・・・ということなのです。

私たち人間は、傷つけられたら傷つけ返したい、と思うのが当たり前です。
(APではこれを「復讐」と呼び、人間の自然な心理です。)
ですから傷つきを伴ったしつけは誰かを傷つけることを生じさせてしまうので逆効果なのです。

他者を思いやる気持ちを子どもに起こさせたいと考えるならば
親が子どもを思いやる必要があります。

結構、誰もが当然わかっている理屈だと思うのですが、
なぜなかなかできないのか・・・?

むしろそれが問題なのかもしれませんね!

それは・・・
思いやりの気持ちは、実は頭で考えることではなく感覚に刻まれているものだから、です。

「思いやりある人間になりなさい」と言葉で教えてなれるならば、とても簡単なのですが、
「思いやり」がどういうことなのかを感覚的に認知しなければ、結局のところわかりません。

「しつけの基本のキ」
それは、子どもをたっぷりとかわいがり、子どもの求めに応じること、
子どもに優しく接すること、子どもの意見や考えや感じ方を尊重すること、
子どもを丁寧に扱うこと、丁寧に教えること、などなど・・・

思いやりを持って育てられた子どもは、必ず、人を思いやることのできる大人になります。




 

「しつけ」の基本のキ

  • 2015.11.21 Saturday
  • 00:09
14日土曜日は筑紫野市立二日市保育所で話をさせていただきました。

今回はしつけについてのお題をいただきましたので、
しつけの意味や効果的なしつけについてお話しました。

とは言っても、時間が1時間と短かったこと、
未就園の子どもさんの親も多かったことから
お話したのは、ホントに「しつけの基本のキ」に留まりました。

そこで・・・

「しつけとは教えることであって傷つけることではありません」
という言葉がAPテキストの85ページに書いてあります。

私はこの言葉が大好きです!
そしてこれを「しつけの基本のキ」と思っておくと良いと思いました。

親は、「しつけをしなければ」と力み過ぎて、
子どもを怒ったりなじったり・・・
結構傷つけることをしてしまいがちです。

それでいて、後ですごい嫌悪感や罪悪感に悩まされたりするのです。

そう!
親も「しつけなければ!」「きちんと育てなければ!」と必死なんですよね。

でも、悪気はなくても、結果的に傷つけているとしたら、
それは最もしつけの効果を失うことになります。

親は子どもを愛しているし、子どもに良かれと思ってしつけをしているわけですから、
その目的と効果が最適に表れる方法でやらなければ、とても「もったいない」ということになります。
悪くすると逆効果ということも・・・。

「決して子どもを傷つけない」
このことを肝に銘じておくだけでも、ずいぶんいいのではないでしょうか?

怒らない、怖がらせない、屈辱を与えない、恥ずかしい思いをさせない、痛みを負わせない、
悲しませない、などなど・・・

「自分がされて嫌なことはしない」
これが、傷つけていないか考えるときのヒントになりますよ!

「自分がされて嫌なことは子どもにはしない」と決めておくといいですね。

APワークショップ大盛況

  • 2015.11.13 Friday
  • 11:55
昨日、「ガミガミ言わずに育てる方法」がテーマのワークショップの第2回目
「わが子のやる気をグングン伸ばす魔法の言葉〜小さな言葉が大きなやる気に!〜」が、終了しました。
(このイベントの詳しいご案内はこのホームページの最新情報か
NPO法人アクティブ・ペアレンティング共育サポートのホームページをご覧ください)

当初、募集定員は30名だったのですが、あまりの希望者の多さに
部屋の定員マックス45名に増やしたのですが、それでもキャンセル待ちが多く出ました。

本当に求めておられるお母さんたちが多いことを改めて知った次第です。

ほとんどの方が、テーマである「ガミガミ言わずに育てる方法」という言葉が気になり、
ガミガミ言わずに子育てしたい!!との願いで来られたようでした。

まず驚くのは、その熱心な想い、です。感動しますよね。
素晴らしさをたくさんお持ちのお母さんたち!

第1に、そう思うことの素晴らしさ!
第2に、そのために行動を起こし、ワークショップの会場まで来たことの素晴らしさ!
第3に、会場でご自分のことを素直に受け止め発言する素晴らしさ!

このような素晴らしさをお持ちの方は、必ず、ご自身の思いを実現化できます!!

ワークショップをしていると毎回耳にする言葉ですが、
昨日も聞こえてきました・・・

「こんなガミガミ言ってる私でもガミガミ言わなくなれるのでしょうか?」
「はい、なれます!」

「さんざんガミガミ言ってきました。今からでも大丈夫でしょうか?」
「はい、大丈夫です!」

私たちAPのリーダーは、いつものように力強く「できます!!」と、自信を持って答えます。
なぜならば、私たちもできたからです。

もちろん、100%完璧に、とはいきません。
でもAPを勉強し実践することで、少なからず自分の理想的な母親像に近づくことができました。

私たちはこの幸せを多くの親たちに味わってもらいたくてこの活動をしています。

子育ては夢や希望や楽しみのある、本当に素晴らしい仕事です!
この仕事をやる上で必須なのは、「方法」と「仲間」です。
もっと詳しく言うと「最適な方法」と「質の良い仲間」です。
APはその両方を合理的に提供できます。

子どもはあっという間に大きくなりますから、悩んでいる暇はありません。
少しでも早くAPを学んでくださいね!

私たちがいつでもお手伝いしますよ!

秋ですねぇ

  • 2015.09.28 Monday
  • 10:21
夏休みが終わったと思ったら
シルバーウィークもあっという間に終わってしまいました。

皆様はいかがお過ごしでしたか?

今年のシルバーウィークは、最終日は雨になりましたが
それまでは本当にいいお天気でしたね!!

私の計画は、家の中の片づけをすること、でした。
外倉庫の整理や押し入れをすっきり掃除するぞ〜と張り切っていたのですが・・・

なんと! まさかの怪我で動けない状態に・・・

お恥ずかしいことに、線路を焦って渡ろうとしてスッテンコロリン転び
右足首捻挫と胸の脇の骨を2~3本折ってしまいました・・・トホホ・・・

昨年の左足首骨折、一昨年の右手首腫瘍と、
度々お世話になっている整形外科に行きました。

先生は私の顔を見るなり「あっ!」と・・・
覚えててくださったのですね! 喜ぶところかどうかよくわかりませんが・・・

私「先生、ご無沙汰しています・・・」と頭を下げながら、
ご無沙汰は普通「すみません」と言う意味で使うけれども
この場合はご無沙汰の方がいいんだよね・・・と心の中で思い直し、
「ご無沙汰していたのですが、また転んでしまいました・・・」とご挨拶。

本当は足首の方がヤバイと思っていたのに、
まさか胸の骨が折れていたとは・・・ああ・・・

先生が慰めてくださるには、「頭や顔じゃなくて良かったですね。」
うん、確かにそうも言えます。
ホントに先生は優しいんだから・・・
「またですか!? 何してるんですか!?」
みたいなことを言われたら、傷も深まりますよね。
先生の慰めの言葉に「そうだ、そうだ」と思いながら、元気を出すことにしました。

ここのクリニック、スタッフの皆さんもとても優しいのは、やはり先生が優しいからでしょうかねぇ?
患者さんたちからの信頼が篤いのも頷けます。

それにしても、連休の前で幸いでした。
なぜならば連休中は仕事も入っていなかったわけですから。
家の片づけはさっさとあきらめ、ひたすら安静に過ごすことができました。

おかげさまで、痛みはずいぶん軽減されたように思います。

本当に慌ててはいけませんね。
いつも反省しているのですが・・・

年齢のせいで治りも悪くなっているこの頃、落ち着いて行動しま〜す!!

赤ちゃんへの言葉かけ

  • 2015.08.21 Friday
  • 09:36
先にお話しした、赤ちゃんの前ではスマホを使わないお母さん。
実は赤ちゃんへの言葉かけがとってもお上手。

接しているとわかるのですが、
いつもいつも赤ちゃんに話しかけておられます。
当然赤ちゃんは返事をしないので、その様子を目の当たりにしていなければ、
大人が一人で赤ちゃん言葉をつぶやいているわけですから、変な感じでしょうね・・・
でも見ているととってもほほえましく、赤ちゃんはいつも満足そうで穏やかです。

黙ったままでおむつを替えたりおっぱいをあげたりしている母さんもいるという、嘆かわしい話も聞きますが、
このお母さんのように、いつもいつも赤ちゃんに話しかけているお母さんも健在なのですね!

赤ちゃんの脳は母親の声に大きな反応を示すと聞いたことがあります。
同じ声でも、肉声で、それも母語でなければならないそうで、
機械に録音した声であったり、外国語ではだめなのだそうです。

赤ちゃんにはごまかしは利かない、ということでしょうか?
人間のなんたるかを、赤ちゃんは全身全霊で分かっているのですね。
そして「人間は言葉」だということも・・・!

赤ちゃんはお母さんの声に何の反応もしていないように思える時もあるかもしれませんが、
お母さんの声を、言葉と声の調子と表情に表れるその人間性のすべてを
しっかりと受け止めているのですね!

どうかどうか、赤ちゃんをしっかり抱きしめて、
お母さんの言葉(母語。母国語ではありません)でいつもいつも話しかけてください!

それは人間としての生を歩む上での大事な大事な基礎なのです。

スマホに気を付けて!

  • 2015.08.17 Monday
  • 00:14
生まれた時からスマホがある環境ってどうなんでしょう?
ちょっと想像がつきません。
人間として生まれたのに、電子機器に囲まれた世界は、
それ自体で人間性を奪われているような感じさえします。

赤ちゃんは自然とお友達。
というより一体化していると言ってもいいほどですよね。

感覚が鋭く、ちょっとした空気の流れや音にとても敏感です。
寝ている赤ちゃんは体全体で「この世」を受け止めようとしています。
あるいは「この世」に入ろうとしています。

電子機器やスマホはそれを邪魔している、とも言えますね。
でも、すでに生活がそれらを排除しては成り立たないという現実。
ですが、せめて赤ちゃんには触れさせないようにする努力も一方では必要かもしれません。

今の時代に子どもを産んでいたら、私にそれができたか?と問われるとあまり自信がないのですが・・・

若いお母さんで、それを頑張っている人に出会い、とても感動しました。

現在生後半年になる赤ちゃん。スマホが目に入らないようにしているとのこと。
テレビのリモコンも隠れて操作。
スマホでゲームをするのが趣味のお父さんにも、協力をしてもらっているそうです。

「子どもって親が持っているものにとても興味を持つでしょう?
幼い時には触らせたくないので、見せないようにしているんです」と。

とはいえ、スマホは仕事上の必需品でもあるのです。
緊急に仕事の指示や問い合わせが入ってきたりもします。
「そんなときは後ろ向きでしたり、トイレに入ってしたり・・・」だそうで、
いやはや、大変な努力だと思います。

赤ちゃんの時は「小さいからわからないだろう」と思い込み、
赤ちゃんの目の前で使うことにためらいを感じなくなりがちです。
それが恐ろしい落とし穴で、小さな赤ちゃんにしっかり悪影響を与えているんですよね。
いつの間にやら、子どもをスマホ依存にしてしまうかもしれません。

感覚の鋭い赤ちゃんの時だからこそ、気を付けたいですね。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM