作詞作曲家デビュー?

  • 2012.11.11 Sunday
  • 21:33
今日は私が作詞作曲した歌のお披露目の日でした。
まあ、ウチワでですけど・・・

夏休みに急に歌が湧いてきて、一気に作りました。
でも、日の目を見ることはあるのかなあ?あるといいけれど・・・
どうしたら歌ってもらえるのだろうか?と思っていました。

私はピアノが下手。他の楽器もできません。
歌うのはさらに下手です。
ホントは自分で歌えたら、一番いいのでしょうけれど・・・

かねてから、歌はアレンジャー次第、と思っていた私。
素敵なアレンジャーに恵まれました。
それも二人も!

曲にコードを付けてくれて、
「ここはコーラスにしたいのです」と言えば、
ハモリも入れてくれて、
またまた伴奏が素晴らしい!!
やっぱり、アレンジャー次第です。

その上、声のきれいな 女の子がヴォーカルをしてくれて・・・
ほか4人がコーラスという豪華さ・・・

ヒャッホー!! 夢みたいです!!
日の目を見ることができました!!

歌を作った時、
まるで一人の子どもを産み落としたようだ、と感じました。
それが、いわゆる「歌」と呼ばれるものになっていくには、
アレンジャーがいて、楽器を弾いてくれる人がいて、歌ってくれる人がいて、
そして、聞いてくれる人がいなければなりません。
今日のお披露目を経て、「ああ、歌になった」
と、感慨無量でした。

まるで子育てのようですね。

子どもを産むのは、ただ産んだというだけです。
(もちろん、産むだけでも相当大変なのですが)
そこから、親はもちろん、祖父母、親戚の人、地域の人、学校の教師・・・
いろいろな人が関わっていくことで、人間となっていきます。

こう考えていくと、子育てはまさに「芸術」ですね。

そうだ!
「子育ては芸術」と題して、次回はそのことを書きましょう。

今日は、野口紀子が作詞作曲家デビュー(?)をしました、
という自己満足なニュースでした!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM