え〜っ、そうだったの!?

  • 2013.02.11 Monday
  • 12:46
ある日の夕方、親子3人で道を歩いていました。
私の右側には大学生の娘、左側には高校生の息子。

唐突に娘が言いました。
「ねえ、犬を飼いたい」
私は「ダメダメ、私が生きてる間は無理」と言いました。

子どもたちは小さいころから、犬を飼いたがっていました。
我が家は一軒家で庭もあるから、
環境的には犬を飼うことはできます。
でも私が、動物が苦手なのです。
それで、子どもたちは動物を飼うことをあきらめていました。

私は言いました。
「お母さんは、どうしても犬や猫が苦手なのよ。
子犬や子猫もかわいいとは思えなくて・・・」

「動物は全部だめなの? 世界中に好きな動物が一つくらいはないの?」
と、娘。

「そりゃ、世界中でといったら、
確実に大好きな動物が3匹はいるよ。」

しばし、沈黙の時が流れました。
(ちなみに、我が家は子どもが3人です)

そして、おもむろに息子が言いました。
「あのね、飼われているのはそっちだから・・・」

「え〜っ、そうだったの!?」
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM