茶碗はなぜ割れるのか

  • 2013.04.18 Thursday
  • 20:59
 高校生の息子の春休みは長く、
その間、家で茶碗洗いをしてくれていました。
我が家は5人家族。
3食すべていつも5人分、というわけでもありませんが、
それでも結構洗い物は大変です。

彼は手が大きい分、大きなお鍋などもささっと洗ってくれるので、
私は大助かりです。

先日「今日も洗ってくれる?」と訊いたら「いや、僕はもうしない」と言います。
「あら、どうして?」「だって、僕が洗うと茶碗を割るから・・・」
「ああ・・・」

そう。実は前日に自分の茶碗を割ったのでした。
「あぁあ、割っちゃった・・・」と言いながら、紙に包み、
片付けていたのを私も知っていました。

「茶碗が割れたのは、あなたがそれだけやってるからだよ。」と、私。
「お母さんが洗ってた時は、お母さんが一番多く割ってたでしょ?
 つまり、洗う頻度が多いほど、割れる割合も高くなる・・・」

息子の目が一瞬光ります。

「お姉ちゃんたちは、ちっとも茶碗を割らないでしょ?
 それは全然洗ってないからだよ・・・ね」

息子がニヤッと笑います。

茶碗はなぜ割れるのか・・・?

「不注意だからよ!」とも言える、とは思いますが、
「注意していても割っちゃうんだよねぇ・・・」というのは
私自身が一番よく感じていることです。

したがって、私の場合、大好きな人からいただいた大切な器は
しっかりしまいこんでいる・・・というのが現実です。
素敵な器を愛でながら優雅に暮らす日を望みはしますが、
今しばらくはしまいこんでおくほうが無難なよう・・・
つまり、日常は割れてもいい物しか使っていません。
(もちろん、だから乱暴に扱っていい、というわけではありませんよ)

茶碗はなぜ割れるのか?
それは「あなたが洗ってくれているから」ですよ!
 


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM