贅沢な学び

  • 2013.10.28 Monday
  • 02:14
本棚の掃除をしていたら、ある大学ノートに目が留まり、
何気なく中を開いてみました。
表紙には「シュタイナー」と書かれていて、中にはいくつもの図。
そこから矢印が出ていて英語で説明が書かれています。
くねくねと曲がった筆記体は確かに私の字。

「いつ書いたものかなあ・・・?」とページをめくっていくと、
ありました、ありました、日付を書いたところが・・・

う・・・・ん?
第一子を出産した4か月後の日付です。

「赤ちゃんを産んだばかりの私が、なんでこんな勉強をしてるんだろう・・・?」
と、考えていたら・・・思い出しました。

そうです!

出産前に、それまで勤めていた幼稚園を辞めたのですが、
この時、先生方の自主研究会に誘っていただいたのでした。
その講師がイギリス人男性でシュタイナー学校の先生だったのです。

そして、同時通訳をしてくだる方がこれまたすごくて、
アポロ11号月面着陸の同時通訳で有名な西山千さんのお弟子さんでした。

イギリス人の先生のしっとりとした奥深い話を
通訳の女性が正に同時に日本語にしていってくれるのです。
同時通訳は逐次通訳に比べて時間がかからないという利点以上に、
臨場感というか、生々しさというか、本当に素晴らしいですね。

小さな幼稚園の小さな保育室で、
子ども用の机といすに座って6人くらいで、
こじんまりとした勉強会でしたが、
超1級のシュタイナー教育の先生と超1級の通訳者です。
なんて贅沢なんでしょう!!
それを少人数で月に1回くらいだったと思うのですが、
1年半くらい行われたと思います。
(先生がイギリスに戻られたので終わりになりました。)

使われたテキストは、あの有名な「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」
でしたが、当時は実はあまり一般的には知られていない本でした。
それを英語で講義を受けることができたのですから、
本当にラッキーだったと思います。

もちろん、私は4か月の娘を膝に抱っこして聞いていました。
先生が、「赤ちゃんを実際に見ながら勉強できるのはとてもわかりやすい」と
おっしゃって、よく「ほら、ご覧、赤ちゃんはね・・・」と、
私の娘を観察しながら、教えてくださったのです。

私は幼児教育が専門ですから、もちろん赤ちゃんのこと、子どものことは
どちらかというと良く知っている方だと思います。
しかし、知識として知っていることと、感覚としてわかることとは違いますものね。

赤ちゃんは感覚だけで生きていますから、大人側も感覚を研ぎ澄まさなければ
赤ちゃんについていけませんよね。

学校や受験勉強のおかげでずいぶんと左脳に偏っていた私は、
この勉強会のおかげで少しは右脳感覚を養えたのではないかと思っています。

本当に感謝! 感謝!





 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM