食事の工夫

  • 2016.08.22 Monday
  • 09:50

夏休みも残りわずか・・・

今年から夏休みが短くなっている小中学校も多いようですね。

 

暑いせいなのか、子どもたちの食欲が落ちている、ということを耳にします。

親は心配で「食べさせないと」と思いますが、あまりうるさく言うと、

今度は関係を悪くしますから、難しいところですよね。

 

私の子どもたちが小さかった頃、夏休みの昼食ってマンネリになりやすいので、

いろいろ工夫したことを思い出しました。

 

一番ウケタのはランチプレートかな?

おにぎりやサンドイッチを大きめのお皿に置いて

おかずやデザートなども一緒に盛ります。

 

それを、普段の食卓ではなく、窓辺にテーブルを置いてクロスなどを敷いて食べると

レストランやカフェのような雰囲気になり、「わ〜!」と喜んで食べてくれました。

食べ物は普段と変わらないのにネ!

 

ベランダにござを敷いて、ピクニック気分で食べたこともありますね。

 

お買いものごっこの流れで、食事もごっこ遊びの一コマ、という感じで食べたり。

 

重箱やお弁当箱に詰めるなどして、ちょっと雰囲気を変えてみたり。

 

きゅうりに塩だけつけて、ボリボリ丸かじりしたり。

 

食卓に納豆を出してもなかなか食べないのに、

納豆巻きにしたとたん、あっという間に食べちゃう!

面白いですネ。

 

やはり、そうめんや冷やしうどんなど、つるつるしたものが、夏は食べやすいですよね。

お味噌汁も冷汁にします。

前日の味噌汁の残りを冷蔵庫で冷やし、翌日それに冷めたご飯を入れて。

ただの残りごはんなのですが、結構イケます!

 

食べる、風呂に入る、寝る、などの日常ごとは、

親も子もストレスにならぬよう、そつなくやっていくのがコツですよ。

なぜならば「生活の基本」ということは、「生きる基本」だからです。

いちいちひっかかっていたら、生きることがイヤになっちゃいます。

 

そつなく楽しくいきましょう(生きましょう)!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM